南三陸ビーチアルティメット(無料版)

無料公開記事

南三陸ビーチアルティメット(無料版)

私、佐藤茜は2017年に宮城県南三陸町に移住し、その年から毎年ビーチアルティメットの大会を開催しています。なぜ始めたのか、どうやって始めたのか、始まりとこれからについて、実行委員長の私がお話します。

南三陸ビーチアルティメットとは

9月の第2日曜日に、宮城県南三陸町の「サンオーレそではま海水浴場」にて開催される大会で、2017年に初開催。東北で初めてとなるビーチアルティメットの大会です。

関東や北海道、関西からもお越しいただき、2017年143名、2018年約190名、2019年197名の方にご参加いただきました。(2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止)

南三陸ビーチアルティメット
南三陸ビーチアルティメット - 「いいね!」269件 · 1人が話題にしています - 東北唯一のビーチアルティメット大会�� 南三陸×気仙沼 おいしい海の幸を食べながらアルティメットしましょう� 目指すは日本一おいしい大会!

  

   

どうして南三陸でアルティメットの大会を開催したのか

東日本大震災によって大きな被害を受けた海水浴場

南三陸町は2011年3月11日の東日本 大震災により甚大な被害を受け、大会会場のビーチのある志津川(しづがわ)地区には平均16.5mの津波が来たと記録されています。

津波に襲われた町は、多くの家屋や町役場などの建物が流され、町は跡形もなく無くなりました。毎年夏に多くの観光客でにぎわっていた海水浴場も、津波で砂が流され、地盤沈下し、多くのがれきが流れ着きました。

一緒に実行委員をしている地元出身の方は、小さいころから当たり前に遊び、親しんでいた場所の変わり果てた姿を見たとき、「もうここで泳げないんだ」と悲しいだけでは言い表せない気持ちになったといいます。

そのサンオーレそではま海水浴場が、様々な人の尽力のよって復活。2017年7月に7年ぶりに再開しました。

震災直後のサンオーレそではま海水浴場

  

南三陸の仲間とアルティメット

2017年4月に移住した私は、ボランティアで何度も町を訪れていましたが、同世代の友達がいませんでした。「なにしにこの町に来たんだろう」と落ち込むときもありました。

そんなとき、若い人たちが仕事終わりに集まってスポーツをやっているサークルに出会い、私はディスクを持って参加しました。「楽しい!」「どうやって投げるの?」と一緒に楽しんでくれ、気が付けば毎週一緒にディスクを投げていました。

少しずつ新しい仲間も増え、ディスクが1枚もなかった町で、毎週20人くらいでアルティメットができるようになりました。

「ディスクをつなぐ、ディスクでつながる」

これは私が大学生のときに立ち上げたイベントのテーマですが、まさにそれを実感しました。ディスクのおかげで仲間ができ、またさらに仲間が増えるなんて、移住したばかりの頃は想像もしていませんでした。

  

東北でビーチアルティメット

そんなとき、「東北でもビーチアルティメットしたいんだよね」という話を仙台の大学生から聞き、せっかく海のある町に住んでいるからこの町でやりたい!と思いました。

コメント